ブラックリストに載っていてもお金は借りられる?


ブラックリストに載っていてもお金は借りられる?
金融事故の経験者や延滞が続いている人、「ブラックリストに載った」人たちはお金を借りることはできないのでしょうか。

普通の会社ではほぼ不可能

信用情報を損なわないことが一番重要です。

信用情報を損なわないことが一番重要です。


「ブラックリスト」は特定の延滞や債務整理をした人たちが載っているのではなく、クレジットカード会社や賃金業者などが、その会社と信用情報機関で管理している信用情報に「事故情報」が追加されていることです。
また、「事故情報」自体は完済しても残っていて、その後もしばらくはブラックリストに載っているいます。
事故情報やブラックリストは業者や会社が不利益を被った証拠でもあるので、再びそういったことにならないように長期的に記録しているともいえます。
そして、こういった信用情報は信用情報機関の会員であれば、どの会社であっても確認することができます。
信用情報機関はローンやクレジットカードを取り扱う正規の会社であれば、会員になっていることが通例です。
そのため、普通の会社相手に延滞をしたり、債務整理を行っていたりすると、ブラックリストに載ってしまい、他の会社に行っても取引をすることができません。

 

特殊な会社なら可能?

もちろん事情や誠意を伝えることを忘れずに。

もちろん事情や誠意を伝えることを忘れずに。


現在、ブラックリストに載っている人でも借りることのできる消費者金融は存在するようです。
自己破産やブラックリストに名前がある人にお金を貸すことは、別に違法でも何でもありません。
しかし、そういった会社は信用情報機関の会員でない場合は、顧客の信用情報を確認するかわりに、独自の調査や審査を行ってから融資するかどうかを決めるため、確実に借りられるとは言い切れません。

 

残る選択肢は?

冷静な判断を心掛けましょう。

冷静な判断を心掛けましょう。


ここまでの話だと、普通の会社に借りようとするのは無理があり、特殊な会社だと貸してくれる可能性はあるが絶対ではないということになります。
では残る選択肢は何でしょう。
ひとつは「ヤミ金」とよばれる類の金融業者に借りることです。
ブラックリストに載っていても特に問題なく貸してくれるのは大きなメリットではありますが、それを補ってあまりあるデメリットがあるのは周知の事実です。
法外な利息、法律無視の取り立てなどのデメリットは、到底無視できるようなものではないはずです。
こういった場合は真っ先に司法書士か弁護士に相談するのが一番です。
まだ完済しきっていないためにブラックリストに載っている場合は債務整理を行うことで、状況を変えることが出来るかもしれません。
また、完済してるのにブラックリストに載っている場合もそのケースに合った対処法を指示してくれると思います。
完済したのなら安易な考えでまた借金をすることのないようにしましょう。