「ブラックリストに載る」とはどういう状況?


「ブラックリストに載る」とはどういう状況?

クレジットカード会社や信販会社などが持っているといわれている、「ブラックリスト」。
延滞している人や返済できない人が載っているのはなんとなく知っていても、具体的には「ブラックリストに載る」ことの意味をあまり詳しく知らないという方は多いのではないでしょうか。

そもそも「ブラックリスト」とは

ブラックリストに載ると厄介なことになります。

ブラックリストに載ると厄介なことになります。

まず、「ブラックリスト」という名称の特別なリストや名簿が存在するわけではありません。
クレジットカード会社や貸金業者、信販会社などは顧客全員の情報を信用情報機関というところに登録しています。
信用情報機関に登録されている情報には氏名、生年月日、住所といった個人情報の他に、返済状況などの顧客との取引に関する情報も明記されています。
そして、しっかり返済しない人や会社にとって不利益を被る状況になった顧客には「事故情報」が追加で登録され、レッテルが貼られます。
具体的には1日以上の延滞、または3回目の支払い日を超える延滞と債務整理を行った人がこの「事故情報」の登録対象に該当します。
そして「事故情報」が追加された状態のことを、いわゆる「ブラックリストに載る」という状態を指しています。

 

「ブラックリストに載る」とどうなるのか

期間中は大人しくしているしかありません。

期間中は大人しくしているしかありません。

「ブラックリストに載っている」ことの影響ですが、ここも誤解が多いポイントです。
戸籍が汚れる、勤務先から解雇される、マンションなどから追い出されるなどの社会的に大きく不利な状況になってしまう、と考える人もいるのではないかと思います。
実際はブラックリストに載っていると「一定期間、新しく借金ができない」状態になるので、住居から追い出されたり、戸籍が汚れたりすることはありません。債務整理や自己破産のイメージと混同しているのではないでしょうか。
ブラックリストに載っている状態をより具体的に言うと「クレジットカードが使えない」、「ローンは返済だけしかできない」、「新規でクレジットカードやキャッシング・カードローンの申し込みをしても審査に通らない」、「車や住宅はもとより、そもそもローンが組めない」といったデメリットが発生します。
ブラックリストや顧客情報は信用情報機関の加盟会員で共有しているため、ある会社でブラックリストに登録されると、新規で他の会社に行っても審査を通らないのが通例です。

 

ご利用は計画的に

ご利用は計画的に!

ご利用は計画的に!

ブラックリストに載っている期間は、ブラックリストに載った原因によって違います。
延滞ならば比較的短く、債務整理のいずれかを行うと長期に渡って掲載されるといえますが、条件や会社などによって変わってくるので、一概には言えません。
また、債務整理のいずれかを行い、指定された期間が終わったことでブラックリストから名前が消えるとともに、それまでの使用履歴(クレジットヒストリー)と信用情報機関に保管されていた情報が抹消されます。
この状態を「ホワイト」といい、ブラックリストからは解放されてはいますが、クレジットカード会社などはクレジットヒストリーがないことを目印にして審査を厳しく行います。
「ホワイト」の人は、一度は債務整理を経験していて、また債務整理を行われると会社としては不利益になってしまうからです。
一度ブラックリストに載ってしまうと、その後の人生にまで長く影響してきます。
日常生活を送るうえでクレジットカードが使えない、ローンが組めないことは不便に違いないので、しっかり返済計画を建てることを忘れないようにしましょう。