審査に影響を与える「スコアリング」ってなに?


審査に影響を与える「スコアリング」ってなに?
クレジットカードを発行するときやキャッシングの申し込みでは審査を通過する必要があります。
その審査ではどのようなことをしているのでしょうか。

結果を分けるスコアリングとは

嘘がバレた時点で審査落ちなんてことも。

嘘がバレた時点で審査落ちなんてことも。

審査の際には「スコアリング」というものが作成され、審査結果に大きく影響してきます。
「スコアリング」というのは審査を受ける人の様々な「属性」を項目ごと、あるいは項目の因果関係も含めて総合的にチェックしていき、会社ごとの統計のデータと比較して最終的な評価を下します。
会社が評価する「属性」とは、その人の年齢、職業、収入、家族構成など多くの項目が設けられ、細かく審査をされます。
そしてクレジット利用歴、返済履歴、借入状況、金融事故情報である「ブラックリスト」などもスコアリングの評価対象になっています。
当然ですがブラックリストはマイナス要因になります。
故意に隠せば問題ないのでは、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、ブラックリストは信用情報機関によって会員になっている会社間では共有されているため、後で調査をされた際にバレます。
正直に答えるようにしましょう。

 

スコアリングされた後は

信用の積み重ねが重要になります。

信用の積み重ねが重要になります。

スコアリングの結果が一定以下ならば審査落ちなので、年齢などのどうにもできない点を除いて改善点を見つける必要があります。
スコアリングが一定以上で審査に通っても、点数が低いと利用限度額が低く設定された状態になっていることもあります。
では、一度決まったスコアリングはその後もずっと続くのでしょうか。
キャッシングやカードを利用し、返済も問題なく行っていれば段々スコアリングの数値は上昇していきます。
スコアリングが上がることで、利用限度額が上がったり、金利が下がったりと様々なメリットが期待できます。

 

スコアリングの対処方法

根気強くいきましょう。

根気強くいきましょう。

スコアリングの結果が芳しくなく、審査落ちだった場合は改善点を探しましょう。
特に注意すべきなのは、「スーパーホワイト」とよばれる、初めてクレジットカードを取得する人に関しては、30代以上の場合は落とされる確率が上がっていきます。
これはブラックリストに載っていた人が債務整理などを行い、信用情報が白紙状態になった「ホワイト」と区別がしにくいためで、20代では初めてカードをつくる「スーパーホワイト」の方が多いのですが、30代以上だと「ホワイト」で債務整理をしたことがあるから白紙状態なのではないか、と疑われるために審査に引っかかることが多くなります。
そのほかにも自営業で1年未満だと、その事業が軌道に乗るかどうか定かではないため、マイナス要素になりうるなど特殊な原因もあります。
会社ごとに微妙にスコアリングの評価対象や統計データも変わってくるので、一度ダメでも改善点を見つけたり、別の会社の審査を受けたりすることで、うまく審査を通過できる場合もあります。
 

参考リンク

RIETI – 中小企業向けスコアリング貸出:日本の場合